トップへ

沖縄で安くて間違いのない脱毛サロンはどこ?

以外と盲点!尻毛のベストな自己処理方法は?

見逃しがちな尻毛にはOライン脱毛

デリケートゾーンのムダ毛をお手入れするのが流行っていますね。

 

デリケートゾーンのムダ毛をお手入れすると、女性らしい印象になるだけでなく、痒みや匂いが減るなどメリットもいっぱい!

 

でも、案外気にしていないのが「Oライン」。あなたは自分のOラインがどうなっているか、見たことはありますか?

 

 

まずは確認!鏡を使おう

 

尻毛は鏡でチェック

全身用の鏡で後姿は確認できても、Oラインはおしりの奥なのでちょっと見にくいですよね。そんな時は、手鏡や角度が調整できる鏡がおすすめ。

 

一番簡単なのは、床に鏡をおいて鏡の上に覆いかぶさるようにOラインを近づける方法。思っていたより毛が多くてショックを受けないように、心の準備をしてから確認しましょう。

 

 

Oラインがキレイになるとこんなイイコトが!

 

普段は人目につくこともないし、おしりの奥だからムダ毛を気にしていない人が多いOライン。でも、Oラインをキレイにするとメリットが多いんです。

 

痒みが減る

ウォシュレットでキレイにおしりを洗っても、毛があると蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。毛がなくなれば、おしり周りも清潔に保てるので、痒みも激減します。

 

Hの時も安心

Hの時や彼と一緒にお風呂に入った時に、おしりの毛がボーボーだと引かれてしまう危険あり!

 

場所が場所だけに、他の部位の毛よりも不潔に思われてしまいます。

 

でもちゃんとお手入れしていれば、いつでも安心!

 

水着やTバックの時に気にならない

どんなに可愛い水着を着ても、毛がはみ出ていたら台無しです。

 

かっこいいはずのTバックなのに、毛のせいでマヌケに見えてしまうのは避けたいですね。

 

Oラインの自己処理の方法

 

Oラインは体の裏側、しかもおしりという凹凸のある部位の奥にあります。

 

見にくいだけでなく手が届きにくいのでお手入れも大変!Oラインの処理は、安全で難しくない方法が理想的です。

 

その中で比較的やりやすいのは、以下の2つです。

 

 

電気シェーバーで剃る

 

ムダ毛処理ならカミソリでしょ!と思うかもしれませんが、Oラインは位置的に剃りにくいので、安全性の高いアイテムをなるべく使いたいですね。電気シェーバーは、I字型のフェイス用やデリケートゾーン用がおすすめ。

 

使い方のポイント

毛の流れをよく見て、毛の流れに沿うように剃ること。剃る時は、皮膚を引っ張って凹凸をなるべくなくすようにすると剃りやすいです。

 

電気シェーバーのメリットとデメリット

メリットは気になった時に手軽に剃れること。肌を傷めにくく、肌が弱い人でも使えます。

 

デメリットは、生えてくる時にチクチクしやすい点ですね。

 

ブラジリアンワックスを使う

 

ブラジリアンワックスはVIO処理の定番になりつつありますね。専用サロンもありますが、最近はセルフキッドも人気です。

 

ワックスを塗って専用シートを貼りつけ、あとは剥がすだけなので慣れると簡単です。

 

使い方のポイント

毛の流れに沿うように塗ります。シートも同じ方向にプッシュ。
剥がす時は反対方向に思い切って剥がします。塗るのが難しいなら、シートに直接塗って貼りつける方法も。

 

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

メリットは、処理後しばらく無毛状態をキープできること。

 

デメリットは、慣れないとうまくできなかったり、痛みを感じてしまうことも。

 

Oラインのムダ毛処理に不向きな方法は?

 

Oラインはデリケートな場所。しかも、お手入れしにくい部位です。ムダ毛処理には不向きな方法は、以下の4つ。

  • カミソリ
  • 毛抜き
  • 除毛クリーム
  • 家庭用脱毛器

カミソリは肌を削ってしまうのでできれば使いたくないですね。

 

毛抜きは肌への負担が大きい上に、Oラインは雑菌が多い場所なので炎症をおこす危険があります。

 

除毛クリームは薬剤が強いので、デリケートゾーンには基本的に使えません。

 

そして家庭用脱毛器

 

脱毛サロンでVIO脱毛があるくらいだからできるのでは?と思うかもしれませんが、デリケートゾーンはVライン以外はメーカーが「やらないで」と言っています。

 

Iライン、Oラインは体の中でも大切な場所なので、万が一のトラブルを避けるためです。

 

特に肌が弱い人はやめておいた方がいいでしょう。

 

脱毛サロンやクリニックで脱毛はアリ?

 

VIOを脱毛するのが流行っていますが、サロンやクリニックで脱毛するのはちょっと恥ずかしい・・・。そういう人は多いかもしれません。

 

特にOラインは脱毛する時、恥ずかしかったという声が多いです。

 

そうなると自分でおしりの毛を処理することになりますが、自己流のムダ毛処理は危険がつきもの。

 

Oラインは処理しにくい部位なので、ヒリヒリしたり赤くなってしまったなんて人も結構多いのです。

 

中には、埋没毛になったり肌が炎症してトイレタイムが苦痛になった人も!

 

脱毛サロンやクリニックなら、プロが施術してくれるので肌トラブルを防ぐことも可能。

 

脱毛はすぐ結果が出るわけではないですが、続けることで一生モノのムダ毛のないOラインを手に入れることができます。

 

ムダ毛が少ないなら必要ないですが、ムダ毛が多かったり目立つようなら、脱毛が一番かもしれないですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ワキ脱毛比較 全身脱毛比較 VIO脱毛 公式サイトにないこと